作品紹介 魔法使い入門シリーズ

 

【魔法使い入門2 -ANGEL BLESS-】

-全15巻完結予定-

 

魔法使い入門シリーズ第二弾

まほー工房の基本シリーズである「魔法使い入門」が装いも新たに帰ってきました。

第二章を彩る主人公は、大魔法使いちゃんに代わって「ライトボディワーク」でお馴染みの女神エクセルシアさんがレッスンを行っていきます。

 

現代社会に生きる上で必要なエッセンスを凝縮した「魔法使い入門」に対して、第二章ではそれらの技法の底上げを行う基本的な稽古や新しい魔法などを今回もゆるく楽しく学んでいきます。

 

今シリーズは魔法使い入門に比べて若干地味な内容になりますが応用性と拡張性が極めて高い内容が多く、魔法使い入門と合わせることで事象の理解を深めていくことが出来ます。

 

※中盤からはかなり強力な内容も学び始めていきます。

 

Vol.01:マジックショット

Vol.02:ハートサンクチュアリ

Vol.03:エネルギーストリーム

Vol.04:指印と図形

Vol.05:タイムライン

Vol.06:ワールドミラー

Vol.07:ペネトレイター

Vol.08:マインドアンカー

Vol.09:アドバンスドブレード

Vol.10:キャリブレーション

Vol.11:メモリアクセス

Vol.12:マテリアオーグメント

Vol.13:???

Vol.14:???

Vol.15:???

 

【魔法使い入門】

  -全12巻 完結-

  

■第一話

 魔法の防御バリヤー編

大魔法使いちゃんからの一言

「このバリヤーは全ての基本となる重要事項じゃ。

何事も守りがなくてはやられてしまうからのう。

しっかりと学ぶのじゃぞ?」

 

■ 第二話

 攻撃技法エナジーブレード編

「エナジーブレードはこれ以降に教える術の大半で使用する大事な術じゃ。今後教える最重要項目の1つ「因果を断ち切る魂の救済活動」にも使うから、稽古に励んで斬り慣れておくのじゃぞ」 

 

■ 第三話

 非言語交信編

「非言語交信とは、言語に頼らない交信技法じゃ。

三巻までの中で一番習得が難しいものではあるが、一旦覚えてしまえば最も役立つ内容になるぞ。

センサーが鋭敏になることで体感度が上がり、五感が感じ取れる情報量が多くなる。

すなわち、感性がより豊かになっていくというわけじゃ。

知覚できる情報が多くなれば物事を判断する材料も増えてゆく。

膨大な情報量を感じ取れるようになることで、日常生活の中でも鋭敏になり、高度な思考や概念の習得、学問や芸術などへの応用も、もちろん可能になる。

見た目は地味じゃが、最もおすすめの技法の1つじゃ」

 


■第四話

 ガイドを呼び出す編

「第四話は、優れたアドバイザーでありながら守護者でもある「ガイド」を呼び出す内容になる。

ガイドはお主にとっての理想の存在、時に優しく時に暖かくお主を包み込んでくれる存在じゃ。

平たく言えば、いわゆる「俺の嫁」というやつじゃな。

 

ガイドは今後のお主の精神的パートナーにもなり、お主が迷った時の道標にもなってくれるメンターの役割も果たしてくれる。

今後学ぶ高度な術にも支援として役立つ頼れる存在じゃ」

 

 

■第五話

 呪術編

「第五話は誰もが一度は興味をもったことがある内容『呪い』についてのレッスンじゃ。

呪いと聞くと大抵は反射的にネガティブな気持ちを抱く者が多いであろうが、本来の純粋な呪いとはごく素直な自然現象に近い。

そうした呪いの本質や、攻撃技法、防御の仕方の基本をこの巻では教えるぞ。

呪いは色々なエッセンスを持っているからな、これを覚えるのは単に呪法を習得しただけでなく、以後に続く応用術の基礎をも覚えることになる。

そういう意味でもオススメの内容じゃな」

 

 

■第六話

 レトリーバル編

「第六話は祖先の行った負の遺産「カルマ」などを精算する内容になる。

カルマの負債がたまった家系では、お主自身に問題はなくとも、先天的にかなりのハンデを負った状態で人生を進めなければならなくなるからな。

多くの者から搾取し、他人を傷つけた者や家系が後でどれだけのペナルティを負うかを、この世界の者達はほとんど知ってはおらぬ。

レトリーバルはそうしたカルマに対して効果的に働きかける内容じゃ。

これは一見すると、バリヤーやブレードのような派手さはないが、レトリーバルは強力な存在になるのには欠かせない技法じゃからな。

個人的には是非学んで欲しい内容といえるな。

 

あと、この巻はおまけのPDFもある。

これには、この世界ではほとんど教えてもらえない知識ばかりが記されているからな。

実戦的な意味でも知識的な意味でもさりげにかなりお得な内容じゃ。

 

 

■第七話

 ドリームマスター編

「第七話は夢についての知識と実戦じゃ。

この世界では、夢は単なる脳の機能と思っている者が多いがそれは大きな間違いじゃ。

物理法則でガチガチに縛られたこの世界において、お主達が本当の叡智にアクセスできる数少ない手段の1つが夢じゃ。

夢を極めれば、あらゆることが成し遂げられるが、それにはまず、夢の中で自在に活動できなければならない。

 

特に悪夢などは放置しておくと、精神エネルギーをかなり吸われるからな。

そういった夢の危険性や本当の知識なども、この巻では教えていくので、魔法使い入門の中盤の中では一番習得してほしい巻と言えるな。

 

夢の世界の技法と知識はとても奥が深く、実戦的な内容のものは、この世界にはほとんど存在していない。

なので、このドリームマスターで夢の世界を学び、その深遠な世界の入り口に立ってくれるとワシとしても嬉しいぞ。

 

夢に関しては、まだまだ教えるべき内容が山のようにあるので、何らかの形でドリームマスター2を教えられればよいのじゃがな…」



■第八話

 ヒーリング&エネルギーチャージ編

「第八話は回復と治癒についての内容じゃな。

回復は重要な技法じゃが、魔法使い入門では、その前にどうしても学んで貰いたい防御技法や夢の技法、カルマなどの知識が多かったからな。

出来るだけ早く教えたいとは思っていたが、少し遅くなってしまった。

 

体力や精神力、魔力というものは誰でも休養や睡眠で自然回復していくものではあるが、仕事を頑張り過ぎたり、魔法を使用しすぎたりすると消費が大きく、回復が追いつかなる場合もある。

今回はそんなケースに対して宇宙や星のコアなどのはるか遠い場所と繋がり良質なエネルギー、気やパワーを補充していく内容になる。

これは大きな意味で言えば宇宙と繋がる基礎鍛錬にもなるので、気功などを嗜む者にも役立つ内容になるからな、その意味でもお薦めじゃ。

 

あと、今回はエネルギーの補充だけでなく心身を整えるヒーリングも教えているので豪華二本立てで大ボリュームじゃな。

今までの魔法使い入門の中でも作品時間のべ49分、そのうち稽古時間は41分と圧倒的に長い内容になっているから、コスパという意味でもなかなかお得になっているかもしれないのう」

 

 

■第九話

 未来視編

未来視というのはお主の世界で生きる上ではかなり役立つ力じゃ。

ほとんどの人間は未来を見通せないが、こうした未来の流れを少しでも感知できるようになると、他の者よりもはるかに有利になるからな。

こうした未来視能力は、非言語と特に相性がよく、この2つを効率よく組み合わせることで、自分だけでなく、他の人間や組織、時代の流れの行く末まで鋭く感知できるようになる。

 

また、この技法は10巻の思考の具現化にも深く関わる内容になるからな。

その意味でも、ぜひ習得してもらいたい

 

 

■第十話

 思考の具現化編

思考の具現化とは、平たく言えば世間でよく言われる「引き寄せ」じゃな。

これはお主の世界でも数多くの書物が出ているが、肝心な部分の知識や注意点が記されていない場合が多い。

今回はそうした引き寄せやフォーカスの力を有効に利用し、最も効率の良い使い方を学んでいく。

 

この技法を駆使すれば、無駄なエネルギーを使わず最大効率で物事を達成できる確率が飛躍的に高まるので、是非習得してもらいたい。

 

また、今作は今まで学んだ技法の集大成とも言える内容になるので、これを学ぶことで他の技法の新たな使い方や応用のヒントを得ることも出来る。

それに今回は補足知識のPDFもつくからな、そういう意味でも濃厚な内容でオススメじゃ。

 

 

■第十一話

 真名と無意識領域のリセット編

第十一巻はお主自身の本来の形質を表すトゥルーネーム「真名」の学習と無意識領域に潜り、自己をゼロ化してから再構築する真我の学びを行う。

 

名前というものは赤ん坊の時点では選ぶことが出来ず、それ故に無知な者にノリだけの名前をつけられたり、悪意ある名付け親に運気が曲がる名前をつけられたりすることがある。

トゥルーネームでは、そうした知識を学んだあとに、お主に一番マッチする名前を自分につけていく内容じゃ。

 

無意識領域のリセットは、お主がこの世界で抱え込んだ不必要な心の垢を取り除き、ゼロ化してから心身を再構築する内容じゃな。

これは、今まで抱え込んだ無駄な思考や思い込み、苦しみや囚われを開放させるのにも役立つからな。

魔法使い入門の十巻まででお主はおおよその技法を身につけた。

十一巻はそれらの力を更に引き伸ばすための仕上げの工程とも言える内容じゃ。


 

■第十二話(最終巻)

 全てを生み出す神の目線「クリエイターズアイ」

 天地創造編

お主との稽古もついに最終巻じゃな。

これは今のお主には少し早い内容になるものじゃが、今までの学びを思い出して、それを総動員して稽古していけば、きっと多くの宝を得るものになるはずじゃ。

 

神の目線を知る事は意識や生命の起こり、宇宙の誕生を知ることにも繋がるし、そうしてお主が生み出した宇宙は、やがて大きく育ち他の宇宙にも良い影響を与えていく。

その時に、お主は宇宙の繋がりや生命の輪廻の一端を垣間見るはずじゃ。

 

ワシからの最後のレッスン、しっかりと学ぶが良いぞ。


 

●概要

世界初の聞く魔導書!

ロリババアの大魔法使いちゃんと一緒に、実践的な魔法を学んでゆくボイスドラマ風レッスン音源です。

 

魔導書一冊分の智慧やメソッドを、誰にでも理解しやすく、楽しく学べるようにボイス作品にしてみました。

 

 

 

第一話のここでしか聞けない制作秘話などはブログから!

↓↓

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 まほー工房 All Rights Reserved.

--------------------------------------------------------